結婚指輪と婚約指輪の違いって?

yubiwa

プロポーズをする

交際している異性がいて、結婚も視野に入れた付き合いをしていたら、プロポーズのタイミングが重要です。
時期を逸してしまうと、ズルズルと結婚できないまま続いていってしまったりまとまるものもまとまらなくなってしまうこともあります。
特にプロポーズは男性がするものという印象も強いため、男性は時期を見極めて彼女に結婚の意思があることをしっかりと伝える必要があります。

プロポーズの際には、言葉や伝え方、シチュエーションといったことにこだわると同時に指輪についても悩むものです。
特に男性は、はやりのブランドやデザインについても疎いですし一人でジュエリーショップに行って買うのはなかなか勇気のいることです。
せっかく贈るならば喜んでもらえるものを選びたいものです。

そこで、ここでは婚約指輪についての基本的なことからデザインや費用について紹介をしていきます。
特に、今さら聞けない結婚指輪と婚約指輪との違いについてはきちんと知っておくべきことです。
名前や渡すタイミングが違うだけでなく、選ぶべきデザインも異なります。
プロポーズの予定がある人は必ず事前に両者の違いも理解した上で購入するようにしましょう。

結婚指輪と婚約指輪の違い

プロポーズをする際に渡すのが婚約指輪。
エンゲージリングと言われるもので、結婚の証として男性から女性に贈られるものです。
結婚の記念に贈るという意味合いが強いため、デザインは華やかなものを贈るのが一般的となっています。

婚約指輪は、普段使いのものよりはパーティーやお祝い事につけていくものになるので、石のついたゴージャスなものが選ばれることが多いです。
特に純潔さや特別感を演出するためにダイヤモンドがついたものを贈ることが多いです。

それに対して結婚指輪は結婚する男女が共につけます。
お時間がある方は、こちらのサイトもどうぞ。
>>http://www.unitedwaywillcounty.org/

結婚式において二人が誓いの証として互いにつけ、基本的に結婚後も日常的に左手の薬指につけて過ごすことになります。
そのため、多くの場合はシンプルなリングのものが多く、女性が嵌めるもののみ石がついていたり、装飾がされていることもあります。

相場の違い

婚約指輪は給料3ヶ月分、なんていうセリフが一昔前に流行りましたが、実際にはそういうわけでもありません。
結婚指輪と異なり常につけるわけでもないですし、最近は堅実な女性も増えており指輪の費用をマンションの頭金や新生活準備に充てようと考える人も多いためです。
一般的な相場として婚約指輪は30万円程度、前後に10万円ほどの幅があるものです。

指輪の金額に差が出てしまうのは、婚約指輪にはダイヤモンドのような石がつくからといえます。
これらの石の品質や大きさ、デザインによって指輪の値段が大きく変わってくるのです。
一生の記念になるものですからやはりグレードは下げずに選ぶのが望ましいでしょう。

また、理想としてはサプライズで彼女が喜びそうなデザインのものを渡すことができるのが理想ですが、現実はなかなかうまくいかないものです。
彼女の好みのデザインやサイズがわからない場合には、一緒に選びに行くのも一つの方法です。