リボンシャワー演出のアイデア

もっと素敵に、記憶に残る素敵なウェディングにしたいなら

お友達のウェディングで感動し、自分たちが結婚するときにはどんなふうに演出し楽しんでいただこう・・・カップルは挙式されるときに、ゲストの皆さんに向けて行う演出に頭を悩ませます。

これまでお世話になった方々に、これから幸せになりますという気持をこめて行う演出はカップルによって様々ですが、お友達がやっていない演出をしたいと考えるカップルも多いでしょう。

フラワーシャワーやライスシャワーはもはや挙式の定番となっていますが、ここではちょっと工夫したリボンシャワー、リボンワンズを紹介します。

フラワーシャワーやライスシャワーってどんな演出?

挙式に参加された方には経験があるかと思いますが、フラワーシャワーやライスシャワーは、挙式して幸せいっぱいに教会から出てくる新郎新婦を祝福するというセレモニーです。

ゲストはお花やお米を持って新郎新婦が教会から出てくるのを待ち、花道を作り新郎新婦がその間を歩いてくるときに花びら、お米のシャワーを新郎新婦にかけて幸せを祈り祝福の気持ちを表すという演出です。

フラワーシャワーも、ライスシャワーも同じようなものと思っている方が多いのですが、実は意味が違います。

フラワーシャワーの場合、花が放つ強い香りによって新郎新婦の周囲を清めて、邪悪なものから新郎新婦を守るという意味が込められています。

シャワーライスの場合、お米という食べ物を利用することによって食べ物に困ることがないように、またお米の穂のようにたくさんの子宝に恵まれますようにという願いが込められているものです。

リボンシャワーはおしゃれ!カップル注目の演出

フラワーシャワーやライスシャワーのように挙式後、教会から出てくる新郎新婦に向けてゲストが行うのがリボンシャワーです。
お米やお花の代わりにリボンを利用するというもので、カラフルなリボンが空中をクルクルと舞い非常に美しい門出の祝いとなります。

見た目に華やか、リボンがキュートでおしゃれということもあり、最近よく選択される挙式後の演出で、リボンが蝶々結びされていることで「縁を結ぶ」という意味もあり、演技がいいとも言われています。

利用する花びらによってはドレスに色がついてしまうかも・・お米をまく、食べ物をまくということに抵抗があるという方にとって、リボンはとてもいい演出になると思います。

利用するリボンの色、素材、長さなどを考慮すると、舞い方が違います。
オーガンジーなどの軽い素材を利用すると新郎新婦の歩く中を舞うように美しくかけることができますし、光沢のあるサテン素材を利用すると光に照らされてキラキラ輝き本当に美しいです。

ふわっと舞うように演出できる素材を使ってリボンにするのが大きなポイントとなりますが、お二人のテーマカラーがあるようならそれぞれ、新郎、新婦側がそれぞれのテーマカラーのリボンをまいてもいいと思います。